緊急事態宣言が20216月20日に延長😭されたのですが
6月19日のライブにむけてリハーサル

アナトリア(トルコ)東部からアゼルバイジャンなどコーカサス地方に
伝わる悲恋のうた(民謡)Sari gelin

わたしの共鳴弦リラと
矢島さんのウード
ヤスミンさんの民俗舞踊であわせました。
フレイムドラムと唄を担当する菅野さんは
体調不良のため今回はキャンセル😭
3人でのぞみます。

ただでさえ、渋ーい
民族古楽器の編成なので
やはり、親しみやすい唄モノがあったほうが
いいんじゃないかなと思い

ギリシャ、エーゲ海民謡Thalassaki mou(タラサキモウ)
やってみました😌

Thalassaはギリシャ語で海のこと
この唄も海にまつわる悲恋の唄

ギリシャ人ならだれでも知ってるような
広く親しまれているのです。

Thalassa, thalassa, tous Thalassinous,
海よ、海に出る者よ
thalassaki mou             
どうか荒れないでおくれ
Mi tous thalassothernis. Thalassonoume 
海にいても私は
Ya sena ksimeronoume.          
ひと晩中あなたを想う

Rothostamo, rothostamo Na yinese,     
薔薇の水よ、海よ
thalassaki mou              
その髪にふりかけて
Tin porta tous na renis Thalassaki mou  
愛しい海よ私の小鳥を
Ke fere to poulaki mou.          
戻しておくれ
Chorus:Thalassa ki almiro nero,          海よ潮よ
Na se ksehaso then boro.        
どうしてあなたを忘れられようか
Na se ksehaso then boro,          
Thalassa ki almiro nero. (x2)

Thalassaki mou

こちらに譜面も載せておきますので
ご自由にダウンロードしてください🙇
ギターやマンドリンなど
フツーの西洋楽器でもできる
アイリッシュ音楽とはまたちょっと
ちがうスパイスの効いた世界が楽しめます😌