Tokyo modal music labのウエダタカユキです。
アラビア音階は西洋との
もっとも大きな特徴のひとつが、
微分音(マイクロトーン)です。
ピアノなど平均律の楽器や音楽に幼少期から
親しんだ方ほど、この微分音が気持ち悪い
と感じる方が多いのも事実かもですが😭
多様性がますます重要になる今、
音楽が好き、楽器が好きであれば
微分音への知識は
避けては通れない領域なので
今日は微分音についてフォーカスしますね。

ここで皆さんにテストです。
といえば、緊張しちゃいますね。
すみません🙇‍♂️
こちらの動画は
ウイーンにおられる調律士さんのお話
3パターンの違い
楽器をやっておられる方であれば
ビミョーな違いですがわかるかも!

いかがでした?
微細な音程をコントロールして
すこーしだけ
オクターブの上の音を高くすると
キラッとした音色が出せるのを証明して
いただけたと思います。

アラビアや中東音楽の微分音の使い方には
半音の半分=4分の1音
のように
一聴した瞬間、西洋音階にはない音を
使うこともありますが
このようにほんの少しのフレーバー(味つけ)
みたいにも使われることもあります。

ここで民族音楽の大家、小泉文夫さんの
解説とともにイラクの民謡における
微分音を聴いてみましょう。

13:55くらいからはじまります。

この楽曲のメロデイは
ラスト( Rast)という
アラビア音階(旋法)に基づいています。
3度の音(元の音がドだとするとの音)
4分の1ほど低いのが確認できますが
いかがでしょう、
やっぱり気持ち悪く感じちゃいますか?

ここでは4分の1だった、微分音
実はアラビア世界でも
国や地方、もしくは演奏者によっても
解釈はさまざまだったりします。

微分音は馴染みやすい?

トルコではこのラスト(Rast)という音階(旋法)では3度の音が
4分の1ではなく9分の1だけ下げて演奏されることがあります。

9分の1なんて
そんな細かい音、聞き分けできるの?
と思いますよね、、、
それではトルコのRast旋法に基づいて
演奏されたのも聴いてみましょう。

いかがでしょう?
トルコ音楽の譜面には
このように反対向いたフラットは
9分の1下げてと明記されていますが
実際聞いてみて違いがわかりましたでしょうか?

うーん、微妙すぎてワカンナイなあ
と思われるかもしれないですね。
楽曲は100年ほど前のものですが
演奏家は現代人なので
モダン音楽の影響を受けているのも関係してそうですが
ここでの微分音はさしずめ
キラキラ明るすぎない程度の
メジャー音階みたいなニュアンスでしょうか。

このように気持ち悪い?と
思われがちの
アラビア音階の解釈の中にも
多様な地域差があるのが確認できます。

西洋楽器の方でも
楽しめるように
こちらの楽曲Rast Zeybekの譜面も
用意しましたのでよかったらどうぞ😌

バイオリンなどの
フレットレス楽器の方は
3度の音をすこーし下げると
また違ったフレーバーで楽しめると思います。

フレットレス楽器のメリットは

フレットはギターなどの
音程を仕切るものです。
これがあると
誰がどう押さえても
同じ音程が出て、便利なのですが
その反面、ほんのすこーしキラッとさせたい時
濁らせたいなど、微細な表現がやりにくくなってしまいます。

フレットレス楽器はこの点
表現力の幅が大きく広がるので、魅力的です。
その中でも私はケメンチェという楽器おすすめなので
理由をあげてみました。

  • 弓の楽器なので持続した音が出せる
  • 爪で弾く古楽器なので、独特の掠れ音が心地よい
  • バイオリンに比べて音量が小さく日本の住環境に最適
  • 大きさも小さく持ち運び便利
  • 西洋楽器に比べてコスパも良い(5〜7万円)くらい

デメリットとしては

  • 3弦なのでバイオリンほどいろんな調に対応できない
  • 撥弦楽器より難易度が高い

ということですが、またケメンチェについては
別の回で深堀りしますね😌