今日は東欧バルカン半島のちょっと変わった拍子の楽曲ブルガリア、北マケドニアに伝わる民族音楽の踊りから
Bucimis(ブチミシュ)を中心にこのあたりに伝わる変拍子曲の最もポピュラーな楽曲を紐解いていきましょう。

バルカン半島ってどこなの?

いきなりバルカンといってもピンと来ないですよね

東にトルコのアナトリア半島
西にイタリアに挟まれた

ギリシャ、ブルガリア、北マケドニア、旧ユーゴスラビア諸国このあたりがバルカン半島になります。

今日ご紹介する変拍子曲Bucimisは
ブルガリア周辺の民俗舞踏といわれています。

このあたりは、古代から様々な民族が行き交い
近代まで長いあいだオスマン帝国の支配下でしたので
音楽的にも東洋と西洋のフュージョンしたような
音楽が発展しました。

それでは現代の演奏家によるものいくつかみてみましょう

こちらはイスラエルのマンドリン奏者によるブルガリア舞曲Bucimis
即興演奏なども交えて演奏されてますが
西洋クラシックもやられる方ですがかなりロックな印象もありますね😌

フツーに演奏したら
テーマを2週くらいしてサクッとおわってしまうのですが
フレームドラム・ソロやバイオリン即興なども盛り込んで
ダイナミクスを効かせたアンサンブルに仕上がっていますね。

このように
バルカン半島の音楽は
西洋楽器で十分に再現できて
コード的なハーモニーもあり
ノリノリで演奏できて
しかもすこーしスパイスの効いたようなメロデイも
あるので現代を生きる私たちには親しみやすいと思います。

変拍子は難しくない理由

今回ご紹介したBusimicは15拍子の楽曲です

えー?15拍子?難しそうーと思われるかもしれないですが
実はこのような定期的な変拍子曲はコツを掴めば意外にカンタンです

間違えても1~15までひとつづつカウントするのはやめましょう。
人間の脳みそは構造上
どんなに頭のいい人でもそんなにたくさんのナンバーを捉えるのは難しいです
そこでシンプルに奇数と偶数
2と3の組み合わせだけでカウントする方法があります。

  • 2=ター(タカ)
  • 3 =タキタ

Bucimisのはじめのメロデイで解説しますね↓

ー タカ ター ター タキタ タカタカ 
口ずさんで見てください
意外にめちゃカンタンじゃないですか?
楽器をわざわざ用意してくてもいいんです
舌と声でリズム遊びしながら変拍子は練習できます。
この理論を体系化したのは
インド音楽のリズム理論です。
タブラドラムの複雑なフレーズを
ものすごい早口で唱えるのを聞いたことがあるかもしれないですね。
そこまで技巧的じゃなくても
このように複雑にみえる15拍子も
2と3
ターとタキタ
に分けるだけでとても親しみやすくなります。

パン🍞とごはん🍚でもいいけれど

2と3を
パンとご飯と発音する方法もあります

どちらも日本語ですから親しみやすいですよね

それでも私はインド式の発音の方を強く推奨します

理由はごはんの3泊目が【ん】聞き取りにくい音なので
躍動感が出ないからです。

そんなわけで
どんな楽器でも親しめるようにBucimisの譜面も用意しました
無料ダウンロードして楽しんでみてください。