【当団体について】

Tokyo modal music Lab(東京モーダル音楽ラボ)は
古代から継承されるモーダル音楽に基づく研究と実演、
ワークショップを主体とする音楽団体です。
現代においてのモーダル音楽や各地に伝わる民族楽器の
認知度を広め、生涯学習の機会を促進し、
持続可能な社会へ貢献します。


ドキュメンタリー映画アプリコットの樹の下で
Tokyo modal music lab代表ウエダタカユキ音楽制作担当

【ウエダタカユキ 】

Tokyo modal musical lab代表
スワラジ音楽レッスンを主宰
アフガニスタン、パキスタンの民族楽器ラバーブや、
イスタンブールの古典楽器ケメンチェ
ギリシャクレタ島のリラによる演奏とともに
作曲、編曲、音楽制作を担当。


1997~99年、バークリー音楽院に在学、
Jamy Hadad氏に師事 、その後世界30カ国以上を旅しながら、
民族楽器を使った音楽活動を続けてます。

【 矢島夕佳里】

エジプト旅行中に出会い習い始めたエジプト民族舞踊からアラブの音楽と美しい楽器に興味を持ち、2009年よりウード演奏家の今井龍一氏に師事。
アラブ音楽ユニット「ムシカ・アラビーヤ」師匠今井龍一氏とのウードデュオ等、アラブ音楽を中心に中世音楽やフラメンコなど他ジャンルの音楽との共演も意欲的に行なっている。2020年にクレタンリラ・ケメンチェ奏者のウエダタカユキ氏とアルバム「やさしい中東音楽デュオ」をリリース。

【 三輪福】

独自の感性で自然に満ちた生活を表現する活動やその恩恵は
バラエティに富んでいます。プレイヤーとして、国内外の神社仏閣のお祭りを中心としたステージに多く出演しています。高い即興性と深い精神表現で、観客を魅了しています。舞台の振り付け作品は、これまでに約800曲の振り付けを提供しています。
舞台のほか、2015年には日本のクリスタルボウルによるソロアルバム「otodate~雫の花~」を発売。